婚活成功の秘訣@早まらない!

Posted 12月 1st, 2011 by admin

「ビビッときた!」
そんな一目惚れなどの恋愛なら、最初から恋愛度はマックスでしょう。
でも婚活となるとそうはいかず、全く逆だといえます。
最初からいきなり気持ちが盛り上がっていることは、まず少ないです。
でもだからといって、この人とは恋愛に結びつかないと決めつけてしまうのは早すぎます。

一般的な恋愛の過程を考えみてください。
ただの同僚、ただの友達、ただの先輩後輩…。
最初はそれ以上でも以下でもないことがほとんど。
それが相手のことを知っていくうちに、少しずつ気になり始め…。
気がつけば異性として好きになっていたというパターンが多いと思います。

婚活もそれと同じです。
つまり、恋愛も婚活も同じ種類だという意識が、
婚活成功の第一歩になるといえるのではないでしょうか?

一度会っただけや少し話しただけでは、
お互いのことを本当に理解することはできません。
たとえ最初はどうも思っていなくても、
友達付き合いを続けていくうちに気持ちがどう変化するかわかりませんよ。

結婚情報サービスなどを利用したときを例に挙げてみましょう。
たくさんのプロフィールの中には、いろんな学歴や経歴があります。
最初はある程度の理想像があっても、
一度に大勢のデータを見て自分が結婚に求めるものがわからなくなるのはよくあるケース。

自分が求めるものを見失わないためにも、生活スタイルや将来の希望、
そして自分という人間をいつも頭の中で整理しておくことをオススメします。
そうすることが自分に合った相手との出会いの近道になるはずです。

相手の人柄は、見た目や条件だけで判断できないもの。
条件と1ミリも違わない相手を見つけようとするんじゃなく、
ある程度の許容範囲を設けて視野を広げましょう。

メールや電話で付き合いを続けているうちに、
データではわからなかった相手の素顔が見えてくるはず。
良い意味で思いがけない面に触れると、外見が好みとは違っていても、
逆にその意外性が大きな魅力に感じようになることも充分考えられます。

一目見ただけやデータだけで、この人は恋愛対象外と決めないこと。
それが出会いを増やし、婚活成功の可能性を広げることになるでしょう。

私の友人の話ですが、婚活すると決めてどんどん綺麗になっていきました。
洗顔から見直して、ツルツルの美肌になったんです。
相手を条件や外見だけで判断するのはよくないですが、自分磨きは
怠ってはいけないですね^^

彼女が参考にした洗顔石鹸のサイトを載せておきます。
http://xn--pcki5bxh0464auvn1o7cmjk.com/

 

婚活で嫌われる女性

Posted 11月 8th, 2011 by admin

婚活ではこんな女性が男性から嫌がられてしまうようです。
知らないうちに自分が当てはまってしまうことのないように、気をつけましょう。

■女らしさがない

男っぽくふるまうことがカッコいいと勘違いしている女性も多い様子。
ボーイッシュさは個性の一つかもしれませんが、
その中にもさり気ない女性らしさが欲しいものです。
特に普段から言動が荒々しい方は、言葉遣いに要注意。
「まじ!?」「やべぇ!?」などという言葉は使わないようにしましょう。

■とにかくうるさい

元気と明るさをアピールするあまり、
ただうるさい女性になってしまうことがよくあるようです。
キャピキャピしたり、黄色い声ばかりを出したりすることも控えましょう。
場をわきまえ、周りの空気を読むことが大切です。

■あれこれ条件を言う

自分はこんな男性と結婚して、こんな家庭を築いて…。
結婚への夢を話すのが悪いわけではなく、程度の問題ですね。
旦那にはあれもしてほしいこれもしてほしいと、
今から多くを望んでしまっては「疲れる女」と思われる危険性があります。

■気配りができない

お皿やグラスが空になっていても、一切知らんふり。
それでは気配りができない女性だと見なされてしまいます。
ただし、気配りがお節介にならないように注意しましょう。
料理を取ったりグラスに注いだりするときは声をかけ、
断られたら本当に要らないのか遠慮しているのかの見極めが肝心です。

ちょっとしたことで嫌われたりマイナスイメージを与えてしまっては損ですよ。

 

余談ですが、私の周りで婚活をしている友人の中では、
秘かなアートメイクブームです。
1人の友人がアートメイクを始めたことがきっかけなのですが、
最近婚活で出会った男性に対しても躊躇なくすっぴん顔が見せられるし、
むしろ生まれつきそんな顔なのだと思われているというその発言が
アートメイクブームを生んだのです。

アートメイクを実際にやった友人のお勧めは「アスティエ」というサロン。
「アートメイクを東京でやるならココ!」 と教えてくれました。
(↑念のためリンクを貼っておきます。)

他の友人もみんなそこに行くと言っていたので、
私はもう暫く様子を見てから通う予定です。

婚活で嫌われる男性

Posted 11月 2nd, 2011 by admin

婚活で女性から好かれない男性の特徴をご紹介。
こんな男性にならないように気をつけましょう。

■清潔感がない

不潔な男性が嫌われるのは言うまでもありません。
髪の毛がボサボサ・寝癖がついたまま、ヒゲが伸びっぱなし、服装がだらしないなど…。
婚活パーティーや合コンに参加する場合は、身だしなみに気をつけましょう。
体臭が強い方は、匂い対策も必要ですね。

■夢も希望も持っていない

一体何がしたいのか?
目標も何も持たない男性には魅力を感じない女性も多いようです。
些細なことでもいいので、これからの夢や目標を話せるといいですね。

■夢を熱く語る

夢を持たない男性の魅力が低い一方で、夢を熱く語りすぎるのも考えもの。
相手も興味を持って心から楽しんで聞いているようならいいですが、そうとは限りません。
夢を語るのに熱心になりすぎないように要注意です。

■ハッキリしない

何を聞いても「はぁ…」や「まぁ…」ばかり。
話をしていても「そうですね」と相槌を打つだけで、自分から話をふろうとしない。
それでは女性から頼りない人、つまらない人と思われてしまいます。
自分の話ばかりをするのはいけませんが、会話のキャッチボールができることは大切です。

■自信満々

自信を持つのはいいことです。
でもそれが過剰だと、女性は近づいてきません。
自分の長所を相手にアピールしたいのはわかりますが、自慢話は控えめに。

いかがですか?知らないうちに嫌われる男性になっていませんか?
会話をしているときには、相手の顔色もきちんと見るように心がけましょうね。

 

心当たりがある方も、無い方も、
女性に嫌がられないコツを身につけたら、次はさっそく婚活へ出かけましょう。

大阪・関西方面にお住まいの方はこちらを参考にしてください。

>>お見合いパーティー(in梅田)の一覧 

 

婚活のタブー@話題の内容に注意

Posted 10月 25th, 2011 by admin

女性が自分の苦手分野の話をしてきたとき、男性の方はどうしますか?
「そういう話はわからない」と正直に言ってしまうと、気まずい雰囲気になりかねません。
できるだけ共通点を探し、話を聞いてあげると女性は喜ぶと思います。

だけど、知ったかぶりはいけません。
わからない内容については「自分の知らないことまで詳しくてすごい!」
というようなことを言ってあげるといいでしょう。

そして男性の方は知らないうちに、自慢話をしてしまいがちのようです。
くれぐれも経験や知識を披露することで夢中にならないよう要注意。
一見女性が楽しんで聞いているようでも実は上の空で、
話を終わらせるタイミングを見計らってるかもしれません。

女性にとって男性の学歴や収入などは気になるところですが、
ストレートに聞くことはお勧めしません。
どうしても知りたければどんな仕事をしているのかなど、
さりげなく聞き出す方がいいですよ。

女性は言葉遣いにも注意が必要です。
「すげぇ!」「やべぇ!」など乱暴な言葉は男性に好まれません。

男性・女性ともに避けたいのは、過去の恋愛話や婚活歴に関する話題です。
深い話をするのは、少し親しい間柄になってからの方がいいでしょう。

そして男女問わず、自分の話をするのに熱心になり相手を置いてきぼりにしないように…。
本当に興味を持ってくれているのかどうか、見極めることも大切です。

婚活って大変と思うかもしれませんが、相手あってのことですから
上手にコミュニケーションとりたいものですね。
そうそう、婚活中の女性へ、参考までに^^
脱毛エステランキングです。

何歳が多い?婚活者

Posted 10月 12th, 2011 by admin

2007年に初めて世に出たという『婚活』という言葉。
『結婚活動』を略したこの言葉は、今ではすっかり浸透していますね。

これから婚活を始めようとしている方もいれば、
婚活真っ只中の方もいるでしょう。
もしかしたら何年も頑張ったけれど成果がないと、
諦めそうになっている方もいるかもしれません。

実際、婚活中の方で多いのはどのくらいの年代なのでしょうか?
調べてみると男女ともに20代~40代と幅広いこと、
そして年代によって思いが違うこともわかりました。

■20代後半・女性 … 結婚・出産後の職場復帰を希望。

■30代
・女性 … 早めの出産を希望。結婚相手に望む条件がシビア。
・男性 … 周りが結婚し始め、家庭への憧れが強い。
     どんな家庭を築きたいかなど婚活条件が明確。

■40代・女性&男性 … 両親の介護など将来への不安が生じる時期。
    結婚相手への条件はある程度妥協することが多い。

20代の女性は男性の婚活者から、高い人気があるようです。
結婚相談所の登録が多いのは、男女ともに30代。
そして将来的なこともあり、
40代の方が最も婚活への思いが切実である様子が伺えます。

20代後半の女性が人気なら婚活も成功しやすいのでは?と思えますが、
意外とそうともいえないようです。
20代から始めた婚活が苦戦し、何年も出会いに恵まれない人ともいます。

その一方で、30代や40代の人でも早くに良い人と出会い、
幸せな家庭を築いている人も少なくありません。
年齢を理由に婚活を諦めることはないということです。

結婚平均年齢から見る晩婚化の背景

Posted 9月 27th, 2011 by admin

 

最近では晩婚化が進んでいると言われている通り、結婚平均年齢も高くなっています。

・1950年 男:25.9歳 女:23歳
・1960年 男:27.2歳 女:24.4歳
・1970年 男:26.9歳 女:24.2歳
・1980年 男:27.8歳 女:25.5歳
・1985年 男:28.2歳 女:25.5歳
・1990年 男:28.4歳 女:25.9歳
・1995年 男:28.5歳 女:26.3歳
・2000年 男:28.8歳 女:27歳
・2005年 男:29.8歳 女:28歳
・2008年 男:30.2歳 女:28.5歳

1950年は男性が20代半ば、女性は20代前半だった結婚平均年齢。
それが徐々に高くなり、1980年には男性が20代後半、女性が20代半ばに。
そして2000年には男女共に20代後半になったかと思えば、
20年も経たないうちに男性の結婚平均年齢が30代に突入しています。

…なぜ?

その要因には女性の高学歴化や社会進出が進み、
結婚をしなくてもやっていける収入を得られるようになったことがあげられています。

また、女性にとって結婚生活への不安があることから、
収入の低い男性の結婚率が低くなる傾向にもあるようですよ。

結婚を望まないのは女性だけではなく、男性でも同じことが言えるようです。
食事はコンビニや外で済ませてしまえるし、
今では家事が便利になる電化製品やグッズもたくさん出回っています。
外食産業や電化製品の発達が、結婚平均年齢を上げている要因の一つだとは意外でした。

でもやっぱり、生涯の連れ合いがほしい。
晩婚化が進んでいるといっても、結婚を望まなくなったというわけではありません。
婚活に励む男女の増加が、それを表しているのではないでしょうか。

婚活の「いま」「昔」

Posted 9月 14th, 2011 by admin

1950年頃の日本、お見合い結婚が半数以上を占めていたそうです。
それが2005年になると約6%までに減少してしまいました。

その逆で、恋愛結婚は1950年頃40%に満たなかったものの
2005年では90%近くにのぼります。

確かに、最近では「お見合い」という言葉は
ほとんど耳にしなくなりましたね。
恋愛結婚が大半を占める中、
「結婚しない」という選択肢を選ぶ人も増えてきました。

それがわかるのが「生涯未婚率」です。
男性の場合、1970年代で生涯未婚率1.7%だったのが
2005年になると16%近くとかなり上昇しています。

しかし、この「生涯未婚率」。
結婚しない選択をした人のみならず
結婚を希望しているのに結婚が出来なかった人も含みます。

そう思うと、お見合いは「結婚」を大きく助けていたと言えるでしょう。

そんな現代、結婚への一番の近道とされているのが
結婚相談所への登録や婚活パーティーへの参加です。

「婚活」

近年、様々なメディアでも取り上げられていますが
婚活とは、「結婚活動」を略したものです。

つまり、就職するために就職活動を行うように、
結婚するために結婚活動を行う、ということ。

最近では、
「婚活をしないと結婚が出来ない」と思っている人も多いらしく
結婚相談所も婚活パーティー
昔よりだいぶ敷居の低いものとなりました。

今すぐ結婚をしたい人
結婚前提のいい出会いをしたい人
結婚準備のためゆっくり参加をしている人

段階は違えど、みんな目的は結婚。
生涯の良いパートナーをみつけるため、
自分で積極的に行動する婚活が最近では人気のようですよ。